愛する夫の死を受け入れられず何年たっても仏壇の前で悲しみに暮れる未亡人。悲しみを紛らわすかのように慰霊を握りしめたままバックピストンに我を忘れる…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク